« ゼロの使い魔 1話&2話 | トップページ | アニメ視聴率とゲームの売り上げの因果関係 »

涼宮ハルヒの功罪

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」はとても楽しかったがそれだけに影響が大きかった。功の部分ではラノベというか小説のアニメ化というものがこんなに面白くなる可能性が有るという希望が持てた事。なまじ映像化しやすいタイプの原作でなかったことを逆手に「誰も見た事の無い涼宮ハルヒの憂鬱」を作り出した手腕、ただ消化しただけでなく「ファン」としての読者視点で原作を「拡大した解釈」を盛り込む原作に対する理解度の高さ、あえて困難でもっとも効果の高い方法を選ぶ勇気とサービス精神。アニメというジャンル、アニメ化というメディアミックス手段への希望が持てた。「あと10年は戦える」って感じですわ。

逆に罪は何かと言うと功の部分に否定になっちゃいそうなんだけど、下手なメディアミックスには関心が無くなったと言う事です。今まで好きな作品のメディアミックスには食いついていたクチなんですがアニメ版ハルヒという最高のメディアミックス例を見てしまった以上、並のメディアミックスではもう満足できそうになくなってしまった。もう原作をなぞるだけのメディアミックス(というかぶっちゃけコミカライズの事なんですが)はいらない。Fateをプレイして、同人を読み漁って、アニメ版を見て、最後に辿り着いた漫画版を見た時「何回同じ物見せるんだ!?」って思った。もう本編はいいからさ、番外編とか後日談とか見たほうが面白いんですよ、特にオリジナルの部分が有るとか原作の空白を埋めるとか漫画ならではの表現が有るとかじゃなきゃ。漫画版Fateの作者・西脇だっと氏はどう見てもバトルよりも日常パート向きなんだからFate本編よりもhollow描かせた方が絶対いいと思うんですよ。どうせ月刊誌だからオリジナル要素入れてる時間なんて無いだろうし、佳作以上の物になる可能性はだいぶ低い。もう原作から「縮小」したコミカライズなんて見たくない、ちょっとぐらい冒険してもいいから「拡大」した物が見たいんですよ!
だから僕はもうFateの2巻も買わないだろうしハルヒの漫画版もゼロの使い魔の漫画版も買わないと思う。ネットで評判が良かった時にだけ手を出す。なまじレベルの高い物を見てしまうと並の物では満足できない体になってしまう、ハルヒは罪作りですよホント。

|

« ゼロの使い魔 1話&2話 | トップページ | アニメ視聴率とゲームの売り上げの因果関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/10952853

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの功罪:

« ゼロの使い魔 1話&2話 | トップページ | アニメ視聴率とゲームの売り上げの因果関係 »