« ブラフマン 4巻 | トップページ | ひぐらしのなく頃に 第6話&7話 »

Fate/stay night 第24話

第24話「全て遠き理想郷」

最終回ということか微妙に作画や演出が良くなってる。冒頭の聖杯の呪い「死ね死ね死ね――」はもっと早くからこういう表現に手を付けておけば良かったにというのが正直な感想。独特の表現が売りの物語を普通の演出で作ろうとしたのがアニメ版の失策。物語のあらすじを投影してもそれだけじゃコピーにしかならなくて「移植」にはならない、「涼宮ハルヒの憂鬱」を見てると強くそう思う。

アヴァロン発動シーンはエヌマ・エリシュをきっちりギルにお返しする感じにして欲しかったな、あの表現だと撥ね返してから切りつけるまでにかなり時間あるから隙にならないんだよなぁ。士郎が泥を避けて走るシーンは良かったのでもう1~2回避けてから刺して欲しかった。
セイバーの「士郎、貴方の声で聞かせて欲しい」のシーンは表情が良い。多分今までのセイバーの表情で一番上手い。もう少しこういう柔らかい顔を頻繁に描けると良かったんだけどね。
士郎の回想+文字による心情表現、否定してる人もいるようだが個人的にはアリな表現かな。士郎の中の人の声がイマイチ重みが無いのでコレぐらいやった方が伝わりやすいと思うし。回想に音を入れなかったのは正解、文字表現も有るので音が入ると集中できないだろうからね。
セイバーの最期、朝焼けの雲が流れる演出が良い。原作の感動には及ばないがこういう気を遣った演出はありがたい。タイガー×イリヤのコメディーシーンもだいぶはっちゃけた感じで良し。しかし最後ぐらい、言峰教会の後釜としてチラッとカレンが映るぐらいのサービスは欲しかったかな。

総評:とにかく演出のアイデアが足りていない。例えば「リリカルなのは」は作画はあまり良くないが戦闘演出のアイデアが豊富で飽きさせないよう努力していた。例えば「フタコイ」「涼宮ハルヒ」は止め絵で間を表現して動画や時間を稼ぎその分動くシーンでふんだんに動画を使ったり凝ったアングルを演出として採用している。これらの作品のようにどこに力を注ぐのか分配計算をせずに満遍なく描いたのがFateであり結果としてありふれたレベルの作品になってしまった。
製作を担当したスタジオディーンはFateの他には「マリア様がみてる」「ひぐらしのなく頃に」を手掛けているがこれらの作品に関してもFateと同様の印象を受ける。特にこの3作品はノベル系ゲーム・小説が原作ですでに同人のジャンルとして確立していたという共通点がある。文章媒体には「行間を読む」という言葉が有るしそれを漫画として描いたのが同人誌である。つまり原作ファンというのは原作の作った大筋・本筋だけでなく脇道、果てはどこに続くか分からない様な獣道まで開拓した猛者が多いということでその原作ファンの前に原作の作った道を「舗装しました」と提示してもそれは所詮すでに通った道が少し歩きやすくなっただけに過ぎない。やはりそこに街路樹を植えるなり花壇を作るなり工夫が欲しい。
もちろんこれは原作信者の視点で、初めてFateに触れた人間にとっては十分な出来なのかもしれない。だが金を落とす客の大部分は原作ファンだろうからそれを軽視するのは客の軽視に他ならないと言う事は製作に関わる全ての人間に知っておいて欲しいものだ。

|

« ブラフマン 4巻 | トップページ | ひぐらしのなく頃に 第6話&7話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/10658044

この記事へのトラックバック一覧です: Fate/stay night 第24話:

» (アニメ感想) Fate/stay night 第24話 「全て遠き理想郷」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
Fate/stay night 4/アニメ <ネットラジオFATE特集のお知らせ> 「自堕落学生日記」のオノッチ様のラジオ、「自堕落ラジオ」に出させて頂きました。そちらでFATE特集をしたのですが、興味のある方は是非聞いて見てください。ラジオを置いてあるアドレスはこちらです→h...... [続きを読む]

受信: 2006/06/26 02:00

» 『Fate/stay night』 ランサー [ゆったりイラスト空間]
『Fate/stay night』のランサーです。 【槍のサーヴァント】である彼は、好戦的で自信に満ちあふれ、自由気ままな性格の持ち主であるが、義理だけは貫き通すという孤高の戦士。 英雄名は『クー・フーリン』、... [続きを読む]

受信: 2006/07/15 17:21

« ブラフマン 4巻 | トップページ | ひぐらしのなく頃に 第6話&7話 »