« ARIA THE NATURAL 第6話 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話 »

うたわれるもの 第6話

第6話「集う力」
多くの集落が協力に応じ次第に大きくなる反乱軍だがハクオロはまだ足りないと言う。そんな折、関所を隔てた集落から来た男が保護される。

前回ほど優れた話では無いんだけど、今回はエルルゥの視点が面白いと思った。事の重要さは理解しているんだけど感情論として戦争の中心になっていくハクオロに距離を感じてしまう。戦いに直接参加できないヒロインならではの感情表現でいいなぁ。特にエルルゥが帰って来たハクオロを見る時カメラが揺れてんだよなぁ、エルルゥの気持ちの揺れを表すかのように。
しかしベナウィは中途半端な善人だな。奴がさっさとインカラを始末しておけばいくつもの集落が助かったのに・・・。ハクオロに密かな期待をしたり関破りを見逃したりしてるぐらいなら素直にインカラやっとけよ。なんつーか小事取りて大事を逃がすって感じに見えるんだよね、この人。
あとは今回明確に味方に犠牲が出た事に言及して欲しかったなぁ。テオロ達が家族に出迎えられる一方で夫が帰ってこない妻とかそういう表現が欲しかった。

うたわれるもの 第二巻
[Amazonで見る]
  • うたわれるもの 第二巻
  • 発売元:バップ
  • 小山力也 柚木涼香 沢城みゆき 京田尚子

  • 発売日:2006/09/27
  • 価格: 6,930円25%OFF / 定価: 9,240円
  • Amazon売上:位

|

« ARIA THE NATURAL 第6話 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/10041506

この記事へのトラックバック一覧です: うたわれるもの 第6話:

« ARIA THE NATURAL 第6話 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱 第6話 »