« タクティカルロア 第13話 | トップページ | うたわれるもの 第1話 »

灼眼のシャナ 第24話

第24話「紅蓮の想い」
ついに悠二に辿り着くシャナ。しかし時すでに遅く御崎市は存在の力の溢れすぎで崩壊しようとしていた。

とりあえず無難に終わった。しかしOPの映像に有ったシャナvsシュドナイのバトルって無いのね・・・。マージョリーにしろヴィルヘルミナにしろ戦闘シーンはそんなに見所なかったなぁ。ヴィルヘルミナの方が強そうなのにやられてるのは少々納得がいかなかったが中だと存在の力が補充できないのか?むしろシャナのパンチラシーンが動画良かった。
あんまりいい所の無かった悠二だがヘカテーを否定し大剣ブルトーザオガーを操って見せたり死ぬであろうシャナのアラストールの顕現に付き合ったりするのはそれなりに見せ所あって良かった。ただバトルは全部うやむやに終わったので消化不良な感じもする最後だったとも言える。

総評:それなりに楽しみそれなりに文句も有る。とにかく悠二の見せ場が削られる傾向になったのは個人的に×。吉田さんの出番ももう少し取った方がシャナとの対比が出来たと思うのに。原作4巻までをもっとゆっくり丁寧にやった方が個人的には好みの展開になったと思う。あんまり無理してストーリー消化するよりもクオリティーを高くする方向性の方が良かったのになぁ。
作画面に関してはいとうのいぢが別に好きでない自分としては多少安っぽくてもアニメのキャラデザは馴染めました。J.C.STAFFの特徴、彩色の良さや作画崩れの無さも全体的な印象の良さを作っていたので原作未見の人ならだいぶ楽しめた作品となったと思います。
何と言っても釘宮理恵の演じるシャナは可愛い。カリカリもふもふしたり、照れて「うるさいうるさい!」って怒鳴りちらしたりとツンデレの魅力を存分に発揮できていた事だけでもアニメ化の意味は有ったかと。釘宮理恵のツンデレ声を聞くだけでボクは幸せな気分になれますよ(笑)でも映画はたぶん見に行かないなぁ。それよりもシャナ(とヴィルヘルミナ)の日常とかのオリジナル外伝でも作ればいいのになぁ。ああ、「ゼロの使い魔」のルイズも釘宮がやらないかなぁ。

|

« タクティカルロア 第13話 | トップページ | うたわれるもの 第1話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/9482182

この記事へのトラックバック一覧です: 灼眼のシャナ 第24話:

» 灼眼のシャナ・第24話 [たこの感想文]
「紅蓮の想い」 ヴィルヘルミナ、マージョリーが食いとめる間に、悠二を救出に向かう [続きを読む]

受信: 2006/04/08 05:40

« タクティカルロア 第13話 | トップページ | うたわれるもの 第1話 »