« Canvas2~虹色のスケッチ~ 第24話 | トップページ | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話 »

ノエイン もうひとりの君へ 第24話

第24話「ハジマリ」
マジックサークルプロジェクトの実験がはじまりシャングリラからの侵食が起きる。一方のハルカはノエインに同化されようとしていた。

不思議と最終回カタルシスは無かったんだけど綺麗に終わったとは思います。欲を言えばやはりユウ自身の活躍、ベタだけどピンチを心の強さで跳ね返す様な展開でハルカへの思いを表現して欲しかったです。まぁラストの「ハルカを忘れたりしない!」ってのがそれに当たると言われればそうなんですが最後の最後まで出てこないんじゃなくて途中でカラスを逆に助けたりするぐらいのシーンが欲しかったと言う事で。
ラストにラクリマ界の住人についてその後が一切示されていないけどこれはゾイドと違ってそれがほぼ正解。ハルカが境界の当のてっぺんを眺める事自体がカラスの無事を示している訳だから。でも個人的に逮捕される篠原とかちょくちょく会うようになったハルカの両親、なんとなく腐れ縁になってしまった郡山と内田ちゃんみたいなその後は見たかった。

総評:とにかく明るい話・暗い話のコントラストが上手すぎる作品でした。未来の自分が現在の自分にとって天敵になってしまうヘビーさ(割とすぐ解消されてしまいましたが)とイサミと和解した後のユウ達仲良しグループの日常シーンの楽しさが異常なまでに極端な配置であるにもかかわらずバランスを取れたことは奇跡に近い。楽しい話は脚本もすごいがあの独特のシンプルな絵柄の力もかなり有ったと思う。脚本を十分に生かす絵柄であり動画だったと言う事も忘れちゃいけないと思う。
キャラクター的な事だと殆どのレギュラーキャラが魅力を十分に発揮できたと言う事に関しても2クールアニメとしても奇跡的な完成度だと言える。イサミ・アイ・ミホの3人は言うに及ばず、郡山・内田・アトリ・トビなどの準中心人物、さらにはハルカ・ユウの母親や雪恵・篠原といった外周部のキャラまでキャラが立ってた。原作付きアニメですらしっかりとした脚本が作れない事が多い中このクオリティーの高さは異常。巧みさだけで言えばアニメ史上に類を見ないほどかもしれない。

|

« Canvas2~虹色のスケッチ~ 第24話 | トップページ | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/9328229

この記事へのトラックバック一覧です: ノエイン もうひとりの君へ 第24話:

» ノエイン・第24話 [たこの感想文]
「ハジマリ」 激しい戦いを繰り広げるカラス。そんなカラスの元へ手助けに現れたのは [続きを読む]

受信: 2006/04/02 02:01

» (アニメ感想) ノエイン もうひとりの君へ 第24話 「ハジマリ」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
ノエイン ~もうひとりの君へ~ 第3巻 これまで高い評価を受けている大作アニメ、「ノエイン」も今回がラスト。ここまで、本当に楽しませてもらいました。ハッピーエンドな結末を期待しつつ、最後のノエインの世界を楽しんでいきたいと思います。それでは、感想です・・・。... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 22:04

» ノエイン もうひとりの君へ第24話感想。 [+落描き雑記+]
←ラクリマのハルカ。ノエインの時空もラストにも17歳のハルカは出てたのにラクリマのハルカだけは後姿だったり鼻から下だったりとちゃんと顔が出なかったなーと思い、描いてみました。 てか毎度毎度似たような構図ばっかりで済みません…(今更)(※画像クリックで原寸表....... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 23:30

« Canvas2~虹色のスケッチ~ 第24話 | トップページ | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話 »