« Fate/stay night 第11話 | トップページ | ノエイン もうひとりの君へ 第24話 »

Canvas2~虹色のスケッチ~ 第24話

第24話「虹色のフィナーレ」
エリスは赤い天使の絵を残して一人で家を出てしまう。それを見た浩樹は霧とのデートをキャンセルしてエリスのための絵を描き始めた。

関東地区の人のブログでもうラスト知ってたんですけどホントに何これ?って感じですねー。この終わり方はエリスファンですら嬉しくないだろうなぁ。前回まで霧とやる気満々だった浩樹がここに来て心変わりってあーた。ホテルから霧が電話した時点ではまだ恋愛対象としてエリスを見ているという確定的な描写は無かったように思えるので霧が諦めちゃった事で背中を押しちゃったかな。あとは藤浪の飛行機でのシーンとかEDを考えると無くていい、つーか視聴者をおちょくってんのかと。あとは理事長の期待を裏切って教師への道を変更した事も浩樹に好意的な人達はともかく他の先生とかからしたら唖然とする展開だし人としてどうかと。

総評:前半の山場、研修旅行までは楽しかったんだけど中盤から終盤は微妙な話が多くて困った。結局の所、変な形でエリス・霧との三角関係を保留にした事がグダグダした展開になったと思うので研修旅行をもう少し後にするかその後思い切った方向転換とかが必要だったと思う。他には藤浪や萩野を恋愛要因としてもう少し活躍させても良かったんじゃないかと思う。菫とか竹内部長はもはや諦めるしかないとして藤浪・萩野の二人はある程度浩樹に恋愛的な感情を持ってる匂いは最初からあったし萩野にいたっては殆どフラグを示されないまま擬似告白までしている訳だし。ラスト前の「上倉可奈」でキた人も多いと思うのでなおさらもったいない。
霧に関してはなぜ浩樹が高校時代に霧を振ったのかが示されていないので再告白でもなぜOKしたのかが分からない。このあたりが一番引っかかってしょうがないのだが原作ではどうなっていたんだろ?柳の盗作は霧の告白の後だったから影響ないと思うのだが。エリスがメインヒロインの形で始まって→ヒロイン霧に→ラストはエリスルートっていう強引な流れを許容できるだけの理由がないのがダメなんだよなぁ。

|

« Fate/stay night 第11話 | トップページ | ノエイン もうひとりの君へ 第24話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/9326485

この記事へのトラックバック一覧です: Canvas2~虹色のスケッチ~ 第24話:

» Canvas2・第24話 [たこの感想文]
「虹色のフィナーレ」 クリスマス会。菫は、ソロパートという重要な役割を見事に歌い [続きを読む]

受信: 2006/03/31 00:57

« Fate/stay night 第11話 | トップページ | ノエイン もうひとりの君へ 第24話 »