« 舞-乙HiME 第21話 | トップページ | ノエイン もうひとりの君へ 第21話 »

To Heart2 XRATED プレイ日記1

積みゲーしていた「To Heart2 XRATED」をプレイしてます。タマ姉、このみ、隠れキャラの草壁さん、PC版新キャラのささらをクリア。普通に面白いゲームだけどやはり前作をやった時ほどの満足感・幸福感には遠い。みつみ美里とかの絵はコメディーとの親和性が低い上に脚本自体コメディー部分は古臭くてどっちかと言うと引く。なんやかんやで約10年前の前作に引きずられてる部分が。主人公の就寝前の独り言シーンとか前作は結構楽しかったけど今回要らないかな。まぁ単純に脚本の趣味が合わないから要らないと感じただけかも。
キャラクターデザインとしてはタマ姉が気に入っていたのでまず攻略。意外とシナリオ短い?Hシーンは処女なのにパイズリ→中2発→アナルとエロの名を欲しいままに。さすがタマ姉。でも近所の子供と遊んであげたり地域のボランティア活動したり意外な部分で好感度上がった。
残念なのはタマ姉・このみシナリオでお互いに嫉妬する様なシーンが殆どなかった事。せっかく幼馴染ヒロインが二人いるんだから女の子同士の横のつながりで展開が広がったらいいのになぁ・・・・・・と思っていたら!ささらシナリオで来ました!中盤からタマ姉・このみ・雄二が生徒会に入る展開でこの3人が格好良過ぎ。ささらは人付き合いが苦手で主人公の貴明は女の子が苦手。ウダウダやってるうちに自信がなくなったささらがクラスメイトに「自分よりも向坂さんの方が彼と仲が良い」と言ってしまう。そこで黙っておけば自分の手元に愛しのタカ坊が転がり込んでくる可能性があったにもかかわらずタマ姉が切れるんですよ。「あなたは卑怯よ、私の気持ちをそんなに安く扱わないで」と。ささらは同じ貴明が好きなタマ姉に譲ろうとした。でも貴明の気持ちはささらに向いている。だからだから貴明の気持ちを尊重して棚ボタをきっぱりはねつけるわけです。もうね、この人むちゃくちゃいい女ですよ思わず泣きそうになった(ノД`)・゚・。貴明のダメッぷりを叱り付けたり貴明に対する気持ちを感付かれた事を自分のミスと反省したり生徒会の仕事での有能っぷりとかささらルートなのに差し置いてガンガン自分の中の好感度を上げまくってくれます。タマ姉ルートの時よりも良いってはどうかしてるぐらい。このみも貴明取られて悔しいはずなのに手伝ってくれるし落ち込んだ時は励ましてくれる。雄二は勝ち目の無い戦いはしない主義とか言ってたくせに貴明に踏ん切りを付けさせる為にささらに特攻告白してみせたり。あんたら格好良すぎだよ。このシナリオがPS2版には入ってないかと思うとタマ姉的損失が大き過ぎますよ!下心とか損得勘定の無い好意がまぶしくてしょうがないシナリオでした。

肝心のささらはというとインパクトは薄いけどダメっ子なところとか「意地悪」ってすねる所は可愛い。あと鬱シナリオも完成度が高いとは言わないが問い詰めシーンとか好き。好意にしろ悪意にしろ人間のありのままの気持ちってのは人を引き付ける材料になるんだなぁ。あとはまーりゃん先輩のネタっぷりと声がどうにかなってればもう少し評価が上がるのだが。送辞で「まーりゃん先輩」はねーだろ、本名で呼べよみたいな。

|

« 舞-乙HiME 第21話 | トップページ | ノエイン もうひとりの君へ 第21話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/8996359

この記事へのトラックバック一覧です: To Heart2 XRATED プレイ日記1:

« 舞-乙HiME 第21話 | トップページ | ノエイン もうひとりの君へ 第21話 »