« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

Fate/stay night 第3話

第3話「開幕」
突如現れたセイバーと名乗る少女に助けられた士郎。同級生にして魔術師の遠坂凛曰く「貴方は聖杯戦争というゲームに巻き込まれた」のだというが・・・。

今回はちょい評価厳し目。セイバーvsランサーのバトルはまあまあの出来でプロローグDVDで危惧していた時よりは斬撃の重さが表現できていたが個人的にはランサーの足がノックバックで地面をえぐるぐらい重い表現にして欲しかった。それは置いといてもゲイボルクの表現の軽さは致命的。仮にも必殺技で幸運値の高いセイバー以外は避けられない技なんだからもっと派手に禍々しくしてくれないと。受けたセイバーの方もほとんどかすり傷状態の表現はなぁ・・・。少し血が流れるぐらいはした方が分かりやすいと思うのに。
次にあった凛&アーチャーvsセイバーのバトルも軽過ぎ。アーチャーは刀ごと斬られて傷を負うぐらいの方がいいし、凛が投げた宝石もなんだかよく分からんうちにセイバーのバリアではじかれてるし。イリヤ登場で区切りたい気持ちは分かるけどそのために途中の色々なシーンが犠牲になってる印象が強い。もう少しゆとりを持った構成にしてほしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第3話

第3話「苦しい仕事」
家に残してきた犬を連れ帰る為に避難所から抜け出してしまった少女を追って一宏達は急ぐが少女はすでに家の倒壊に巻き込まれていて・・・。

まさか初めての仕事で個々まで重い物を背負わせるとは。個人的には平気ですが今回でドン引きした人も居るのでは?難しいテーマですねー。
レスキュー物と言えば「マシンロボレスキュー」とか「海猿」「トッキュー!」なんかがありますが個人単位の事故だったりあまり大きな被害は出さない展開が多いのですが地震が相手となると犠牲者無しと言うのは空々しいのでどうしてもきつい展開を描かずにはいられない。この作品の目的の一つに災害の厳しさを実感してもらうという事も含まれていると思う。しかし、それは誰に向けて発信すべきで誰が受け取ってくれるのか?深夜番組を見るアニオタのどれくらいが共感してくれるのか厳しい所だと思います。アニメの世界までこんな重い物を見たくないという人も多いでしょうねぇ。NHKで流したり公的なバックアップによる宣伝とか有ればまた色々と違っていたのかなぁ。
今回のポイントとしては、黒木空曹だったかな(うろおぼえ)一宏の代わりにさくらの両親への確認を買って出る気遣いが良いですね。新米だけど階級的に一宏の方が上なので良心的に接してくれてるみたい。鬼軍曹は威張るだけの実力は持ち合わせていたようで。「航行中」の船の上にしかも荒波の中で着陸させる事の大変さは冷静に考えるとすごく分かるような気がします。航続距離の計算をしていた人もかっこ良かったです。仕事だから当たり前なのかもしれませんが、乗員数・風速・高度・距離・残りの燃料などの要素をスラスラと計算してしまうのには知的な格好良さを感じました。
惜しむらくは一宏の機転で自体がうまく運ぶ展開にならなかった事と、運搬中に本郷三佐が同じ年頃の娘を持つ父親として苦渋の選択をするような演出が無かった事ですかね。でも電気が止まって目印になる物が無い状態を見越して車のヘッドライトで道しるべを作っていたシーンは思わずホロリときました。こういう時の人の善意って無条件で涙を誘うというか。反面葬儀屋を出して人間の冷たさと言うか自覚の無い悪意みたいな物を描くのも忘れないあたりしっかりしてます。

追記、他人の感想見て回ったらブログで感想書いてる人達にはおおむね好意的に真面目に見てもらえているようで安心。あとは「萌え」重視の人とかに「これはこれで良い」と受け止めてもらえるかだな。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

ノエイン もうひとりの君へ 第13話&14話

第13話「ネガイ」第14話「キオク」
戦いによって傷ついたカラスの体を再生するためにレイズの褶曲ポイントへ向かうハルカ達だがその前にコサギが現れて・・・。

いやー、ここまでアトリが良キャラになるとは思ってもいませんでした。トビの方も今まで優柔不断で何がしたいのかよく分からないキャラだったけどアトリをかばったりコンピューターに長けていたりとぐぐっと高感度がUP。その上、アトリ×ミホ、トビ×雪恵ちゃんのカプ成立の予感?なんか二人が可愛くてしょうがないんですが。
本当にこの番組緩急の付け方が上手い。カラスがヤバイっていうのに郡山とのカーチェイスシーンとか楽しくてしょうがない。14話の皆が集合している時とかもすごくほのぼのとして気持ち良い。アイやミホが未来人だったり元敵だったりする二人をあっさり受け入れてくれたおかげだな。
反面ユウはカラスにべったりなハルカが面白くなくて色々あるわけだがおかげでようやくハルカに対する気持ちに気付いたみたい。今後はもっとユウが頑張ってくれるとうれしいなぁ。カラスは縁の下の力持ち程度で。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第1話&2話

第1話「少年はその日変わった」第2話「彼女は彼女であることを自覚した」
地味でおとなしい大佛はずむは花を育てるのが好きな女っぽい男の子。失恋した心を癒す為に行った山で宇宙船の事故に遭い手違いで女性として体を再生されてしまった。

割と期待している一本。宇宙船なんて物が出てきますがSFではなく現代物ラブコメです。百合属性は個人的に無いのですが細やかな感情の動きに期待しています。あかほりさとる原作と言う事で寒いギャグがありますがそれ以外はゆったりとした作りなのも良いです。
当然個人的にはツンデレ・ツインテール・田村ゆかりと三種の神器をそろえた幼馴染のとまりちゃん一押しです。女っぽいはずむに男勝りのとまり、幼馴染としてバランスを取って来たけど実ははずむの事が好き。そのはずむに好きな娘ができただけならいざ知らず恋愛の対象に出来ない「女の子」になってしまったはずむに・・・というのが見所。1話目でも告白するよう煽った事を後悔してあゆきに「その方が諦めがつくから?」って見透かされてる所とかいいですねぇ。2話目では恋愛感情の行き場を無くしはずむを避けていたけどはずむの頼りなさに我慢できずに女の子としてのノウハウを教える事になりどんどん墓穴を掘っていく様が良い。やっぱツンデレキャラは墓穴掘らないとね。その反面一人で悩んだりするデリケートな面もあったりして緩急取り揃えたキャラ作りとなっています。
相対するやす菜ちゃんはちょっとした秘密があって男の子としてのはずむよりも女の子のはずむの方が好き。彼女の感情は100%恋愛感情ではなくて、「安心感」を得る為の行為である部分があって色々と複雑です。この複雑な事情が絡み合ってもどかしい感情を生み出す、それが「かしまし」の魅力だと思います。

あかほり式ギャグを抜けばある意味神の領域まで達したかもしれないのが残念。でもそれ以外の部分もあかほりが書いているってのも信じがたい様な気もするw
副題の「ガール・ミーツ・ガール」って言葉が何か好き。百合属性は無いんだけど百合属性を許せる世界は穏やかでいいと思う。マリみてを除けば百合属性の強いアニメって初めてかな?百合界期待の星になれるのか否か?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

Fate/stay night 第1話&2話

第1話「始まりの日」第2話「運命の夜」
10年前冬木市で起きた大火災をただ一人生き残った衛宮士郎は人を助ける事を生きがいとする高校生。魔術師だった養父・切嗣のように「正義の味方」を目指している。しかし最近冬木市では不審な事件が相次いでいて・・・。

原作ファンとしてはまぁこんもんかな、という感じ。作画クオリティーは中の上、月姫の時の微妙な作画に比べれば再現度はだいぶ高いと思います。ただ緩急が付けれるほど上手いとは言えないのでコメディ部分が有るとしたらやや苦戦するかも。
脚本に関しては苦しそうですね。原作ファンが見ても少し分かりにくい所があるので原作知らない人は結構大変、というか切りそう。1話目をまるまる聖杯戦争が始まる前の1日として使ったのは正解ですがそれでもなお説明不足な感がある。まぁこの辺りはどうしようもない部分であるので今更言ってもしょうがないですが。
OPについて。ゲーム本編のOP曲をアレンジして別の人が歌ってるようだが評価としてはかなり原作Verに劣る。全体的におとなしくなりすぎ。曲調もそうだがボーカルのパワーが無い。はにわ君曰く「原作Verのいっぱいいっぱいな感じの声もアレ」だけどだからこそ声にパワーが宿ったんだと思うのですが。OP映像もDVDの方が印象良かったかな。アーチャーVSランサーのシーンとか動きに無駄がありすぎて・・・。ちゃらちゃら武器振り回すよりももっとこうがっつんがっつん重い感じで!でもセイバーの丘のシーンは見るだけでなんかジーンと来ちゃう。EDの服Verじゃなくてやはり鎧Verがしっくり来ます。
声優に関しては言峰=中田譲治、切嗣=小山力也が最高です!神父の声はこの人以外考えられないと思っていただけにベストマッチ。あとの人は思ったほど違和感は無いですが個人的にキターって感じの人も居ない。

細かい内容について書くと
1.冒頭の10年前の大火災、アレはもっと壮絶におぞましく描いて欲しかった。衛宮士郎が「人として壊れてまでも」正義の味方であろうとする原点ですからすごく強烈でないといけないんですよ、穴も出なかったし。
2.凛がアーチャー召喚したくだりがちょっと短過ぎ。次に出てきたらもうだいぶ時間経った感じになってたし。令呪使う使わないの騒ぎを描いた方が二人に対する視聴者の親近感は上がったと思う。まぁいきなり凛のイメージを崩すのも何だということでカットした可能性高いけど。
3.藤ねえがなぜ生徒に「タイガー」と呼ばれているのかが分かりにくい。ここら辺は士郎の解説を入れても良かったのでは?藤ねえのハイテンションぷり自体が意味が分からないと言うか知らない人は付いてくのが大変そう。キャラ特性が掴める構成になってないので無意味に騒ぎすぎる印象が。
4.2話目にいって学校にてランサーと遭遇、あれ?ライダーの結界がらみ無し?話の本筋はセイバールートになるのだろうけどライダーを良キャラにするためには桜ルートっぽいライダーにしないといけないからここら辺をどうするかがアニメ版の見所になる・・・といいなぁ。
5.サーヴァントの武器召喚がしょぼい。素早く展開する為の処理なんだろうけど実体化するすごさみたいなものを感じさせる演出にして欲しかったなぁ。このシーンは今のJC.STAFFならCG処理で綺麗にやったんだろうなぁとか妄想できるだけに。
6.士郎死すの場面、凛はもっと緊迫感を持って犠牲者に近づかないといけないなぁ。眉間にしわ寄せて冷や汗をかいて自分のふがいなさを悔いながらそれを打ち消すかのようにして冷たい目で顔を確認したら士郎と知って崩れる、みたいな感じで。全体的に細かい感情の演技まで手が届いてない印象です。
7.セイバーの登場シーン、原作のあの効果音使って欲しかった。あの「シャラン」って感じの音好きなんですよ。確か原作では(セイバーの声に対してだったかもしれないけど)鈴の音のような綺麗な音がしたとか表現されていたはずだからぜひともあの音を使って欲しかった。他にも剣戟の音とかも原作の物使ってくれればファンとしてはキター!な感じだったと思うだが。DVDで音差し替えてくれんかな。

色々書きましたがぶっちゃけアニメ版が原作より面白くなる事はまず無いと思ってます。Fateという物語自体というか奈須きのこの原作が100%活きるのはやはり「文章」だと思うのでゲームというメディアがやはり最高の舞台であるのはおそらく間違いないでしょう。だからアニメ版ではアニメならではの動く楽しみ喋る喜びを上手く表現してもらいたいと思います。あと、アニメ版見て良かったら原作とかPS2版買おうとか考えてる人は救いようの無い愚か者なので今すぐ原作を買ってきてください。アニメ版見た後に原作やると絶対損しますから。しかし川澄セイバーかぁ・・・。むしろ桜なら歓迎できたのだがうーん。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

タクティカルロア 第1話&2話

第1話「アイ、ショーティー!」第2話「彼女の理由」
近未来太平洋上に発生した巨大な台風はそこに停滞し続け航空機の運用に大きな影響を与えている。そのため海洋航路の重要性が増し新たな大航海時代となる。

「よみがえる空」と多少似たポジションにある作品ですが出来はまだいまひとつ。特に3DCGを使った戦闘が少々安っぽく感じられるのがネック。間の取り方とかカメラワークがいまひとつなせいで総合的に点数が辛くなる。ミサイルの動きに溜めと抜きが無いしカラーリングもよろしくない。あと高射砲が単身なのもなぁ・・・。SFなんだし迎撃用に使うなら2連装から4連装ぐらいで派手にやって欲しいし1本じゃそうそう当たるとも思えないのだが。
もう一つの見所女の子ですがメインヒロインの艦長が一番地味なデザインですねぇ。主役の男の子の意中の人ということでカップリングはほぼ間違いなんだろうけど中原麻衣は割りとどうでもいい派なので高橋美佳子の翼ちゃんに注目してみる。男嫌いということで典型的なツンデレのタイプなので上手くいけばかなり萌えられるのではないかと予想。
他にもちょいださい感じの眼鏡っ子・晴美とか衛生長の看取とか順当にお色気担当で良いとは思う。ただ胸とか尻とかのアップに芸が無いのがいかん。もう少しさりげなく見せるとかローアングルで見せるとか映し方を考えないと。
声優陣は結構豪華だしもう少しだけ丁寧に作ればかなり違って見えると思うのだが全体的に精彩を欠く感じ。まぁ普通に楽しむ分には十分だとは思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

よみがえる空 -RESCUE WINGS- 第1話&2話

第1話「初めての仕事」第2話「困難な仕事」
戦闘機のパイロットを目指していた内田一宏は希望通りの配属ではなく救難ヘリコプターのパイロットとして石川県の小松基地に配属された。上司の本郷に「腰掛」気分を見透かされ反発する一宏。着任早々地震が発生し控えとして現場に出る事になるが・・・。

製作J.C.STAFFで監督が桜美かつしというと無印ガンパレのスタッフですな。すごく面白いという事は無いけど静に安定して楽しめそう。J.CはCGも綺麗な方なので乗り物関係の3Dも良い感じです。ただ、逆に安定しすぎて書く事は少なそうな気もする。まぁそれはそれで出来の良い作品の証拠ですが。小松基地というとたしか霧が多く事故で有名な基地だったと思いますがその辺は舞台として狙ってるのかな?しかしここまで完全に現代日本を舞台にしたアニメもかなり珍しいですね。ファンタジー要素もSFも無しですから。実在の場所だけど聖地巡礼とかは起きなさそう。
えーっと能登です。久しぶりにメイン(地獄少女?なにそれ?)なので少し嬉しいけどかなりキャラデザが地味です。ぱっと見は整備班の人の方が印象いいかも?方言とかはいい感じです。
本郷三佐ちょいひどいですね。ケチ付けるにしてももう少し言い方が有るだろうにってゆーか車に乗せてやればいいのに・・・。
2話目で猫を助けた事が後で帰って裏目に出た所とか面白いですね。災害時のままなら無さを象徴しているようです。しかしこれ13話構成なのは短いなー。重いネタだから26話でじっくりやって欲しいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

パラダイスキス 第12話

第12話「未来」

最近夜すぐに眠くなってしまうので深夜アニメの録画が溜まりっぱなしです。
それはそうと何なんでしょこの最終回。グランプリは取れないわ紫とジョージはさよならだわイザベラENDだわ。仲直りできたからいいものの美和子と嵐の仲が険悪になったりもするし、これ最終回に持ってくるような要素じゃないよなぁ。これが原作通りだというならやはり矢沢クオリティーと言うものを信用できないなぁ。恐らくスタッフは最大限良くやったと思うのですがやはり「女のこのための物語」だなぁと言う感じが拭えなかったです。よくジョージが紫にひどい態度を取るんだけど男の自分からすると「女が男に対しつれないのは許せるがその逆はダメ」だと感じた。最期二人が別れなくても良い選択肢は残されていたのに12話使った別れ話にしてしまったのは何となく「私ってこんな辛い過去があったのよ」的な不幸自慢に見えてしまうんだよなぁ。悲劇のヒロインを乗り越えて幸せ掴みました、みたいな自己陶酔が見え隠れすると言うか。紫以外のメンバーの未来が見えなかったのもそれに拍車をかけている気がする。パラダイスキスというチームで動いていたのだからもう少しその後のメンバーも映さないと感じ悪い。

結果的にこの作品は並の作品になってしまった。映像的には豪華だったと思うけど、ハチクロほど共感できる台詞が無かったしBECKほどドキドキもしなかった。次にアニメ化を控えている「NaNa」に一応期待を繋いでみてダメだったら自分の中で「矢沢あい」の評価は低く固まることになるだろう。まぁ失礼な話、見る前から多分アレは一般人向けなんだろなぁと諦めている面もありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

漫画読解能力の低い人達

漫画系総合情報サイト『コミ通』OPEN
というのを目にして見に行ってみたんですがダメだこりゃ。もろゲーム雑誌の「ファミ通」そっくりのタイトル画像とかはともかく「クロスレビュー」のコーナーで「あずまんが大王」に10点満点中3点を付けているレビュアーが二人も居る。まず、「何故今更あずまんが?」ってのがあって首をかしげる。今20歳の人とかは確かにアニメ版を見ていない限り当時読んでいた可能性は低いとは思いますがすでに評価は固まっていると思うのでわざわざ約6年前の作品を持ってきて「今の若い人には受けません」みたいな事を宣伝する意味が良く分からないなぁ。あとは5点ぐらいなら分かるけど3点は無いんじゃないかな。単にレビュアーの読解能力を疑ってしまうのだが。
もちろん人の好みは色々なので合う合わないが有るのは承知している。だが、だからこそ漫画でクロスレビューなどするべきではない気がする。漫画というのは雑誌に他の作品と並んで掲載される物である。つまり最初から「この中から好きな漫画を選んで読んでね」という状態でスタートしており好みによる取捨選択を前提としている(取り敢えず全部読む人も居るだろうが)。どんなに絵が上手かろうが好みに合わなければ切って捨てられるし読者もそれを躊躇しない。雑誌1冊分のお金を払っているのに料金分全ての漫画を読もうとする読者は少ない選り好みの激しい世界である。そんな世界でわざわざ「面白くない作品」を紹介してもあまり意味が無い。そんな作品は初から読まないんだから。「買おうと思っていたけど止めた」という場合も有るだろうけど自分の経験上他人のレビューによって買うのを止めた漫画は無い。「NaNa」みたいに「最近売れてるらしいけどぶっちゃけどうなの?」的な漫画なら掘り起こしてくる意義も分かるんだけど基本的には「この漫画のここが面白い!」でいいんじゃないの?
ゲストレビューのコーナーは別にいいと思うんだけどそもそも好みの不一致が当たり前でゲームみたいに客観的に付けられる点数が少ない(ゲームならサウンドの質、読み込みスピード、親切設計など分かりやすい評価ポイントがある)漫画でクロスレビューは誤解と齟齬を生むだけであまり有効では無いと思うのだが・・・。
あと、直接関係ないが、あずまんが→よつばと!でよく見られる「つまらない」という評価はどうみても評価者の読解能力の低さが原因です。どうもあ(ryみたいなのはどうにかならんか。そういう輩に限って声がでかいというか色んな場所にわざわざ出張ってまでその作品のつまらなさを宣伝したがるのがウザイ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ARIA 第13話

第13話「その 真っ白な朝を・・・」
アクアの新年を一緒に迎えるためにマンホームからアイちゃんがやって来る。

なにやらすでに第2期製作が決定したらしいですがそれなら最初から26話でやって欲しかった・・・まぁ大人の事情が色々あるので仕方ありませんが。
「年越し」というテーマだけで1話のみならず最終回を作れるのもこの作品ならではだと思います。物珍しい部分の半分はイタリアの風習そのままなのでしょうがそこにちょっとしたスパイスを加えるだけで立派な物になるのがARIAの良い所。要は灯里がどう感じるか、それを表現するだけで平凡な日々がそのまま物語になる。まぁ逆に言えば物語性が薄く感傷に頼りすぎなきらいもありますがそこの好き嫌いさえ合えばあとは安心して見れます。
年越しに豆を食べ、観光用にガラスの豆、新年の瞬間は空に物を放り投げる等普通に異国文化に興味がわきます。広場に集まってカウントダウンってのも日本のミーハーなそれとはイメージが全く違って面白い。日本のカウントダウンは何か騒ぎたいだけの印象ですがネオヴェネツィアのそれは街全体が家族みたい。
今までの主要登場人物が勢ぞろいしてとてもにぎやか。暁さんのお兄さんとのやり取りとか藍華・アリス達が合流してきた時とかほんとなんでこの人達はこんなに楽しげなんでしょうかね。見てるこっちも楽しくなってくるのがすごい好きだなぁ。

総評
年が明けようとする時、灯里が色々有った今年が終わっちゃうのがなんか寂しいみたいなことを言いますがこの感想ってのは結構抱いてる人はいるけど明確に言語化してはいない気がする。こういう何となく感じてはいるんだけど言語化していない・する機会が無い感情を表現すると言うのがシリーズ通しての魅力だと思います。恐らくこういった感情は若い世代になるにしたがって減っていくと思います。減少化を食い止める最後の抵抗としてこういった作品は常に必要だと自分は思っています。かっては世界名作劇場とかがそれに近い役割を担っていたと思いますが今はそういう作品が殆ど無いのは少々問題だと思いますね。多分外側の人間から見たらARIAも「萌えアニメ」として映るんでしょうけど個人的には夜6~7時に放送して欲しい作品です。
当初、女性作家の原作と言う事で多少疑ってかかっていました。実際原作を少し立ち読みした所自分の苦手な「少女漫画独特のドタバタ感」があってそれ以来原作には触れていないのですがアニメの方はそこら辺を上手く捌いてくれてので安心して見れました。
声優の良さも手伝って女性キャラが皆好きになれたのもありがたかったです。嫌いなキャラが存在しない世界ってのはぬるいと言われようがやはり心地いいものですから。アリア社長も「いかにもガンガン系漫画に出そうなキャラだな」と苦手な印象でしたが「ぷいぷい」「ぷにゅぅー」の2語を巧みに操り灯里達と会話するさまを見るうちにだんだん好きになってきました。ピカチュウとかもそうですが頭が良くて「人語を話せない」動物キャラが好きです。ハム太郎とかみたいに人語を話しちゃうと興醒めするんですよ、本来彼等は人間とは違う感性を持っているはずなのに人語を話しちゃうと「動物の皮を被った人間キャラ」に成り下がってしまいますから。
一番好きなキャラは?と問われると迷った末に「藍華」。斉藤千和効果+外見の好み+ちょいツンデレ系?なところが良いです。なにやら年下の少年と怪しい仲らしいので第2期ではその辺をひとつよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

D.C.S.S 第26話

第26話「幸せの鐘」
魔法によって消された過去の純一への思いははっきりと覚えていないものの悲しみの涙を流す音夢。それを見てアイシアは自分の行為が間違っていた事を知る。

予想通りアイシアへの風当たりはあまり強くせずあっさり終了。個人的にはアイシアファンがベコベコに凹むぐらいの罰を与えてもいいと思ってたぐらいですが初音島を去るだけ。さくらは過去の自分の失敗があるのであまり強く言えないが純一は甘すぎ。26話自体はあまり言うべきことも無いなぁ。二人の結婚は高校卒業すぐなのかみんな全然年取ってない。あと二人の親が居ないけど死別してたっけ?

総評:はっきり言って蛇足感有りまくり。前作と比べて評価は大きく落ちる。
やはりアイシアの存在がネックでアイシアを削るか他の新キャラを削るかした方が良かったと思う。新キャラであるアイシアを話の中心に据えようとするとキャラ紹介、キャラ立て、心理の掘り下げと話数を取りすぎる。他の新キャラは申し訳程度に紹介話を作ってあるがその実アイシアのための話も兼ねているので散漫で毒にも薬にもならない。
主人公?の純一も今作ではどこが魅力なのかさっぱり分からない状態だし旧キャラへの配慮も事実上ことりのみという手回しの悪さ。1話1話の脚本は置いといてもシリーズ全体の構成が甘過ぎる。
「魔法」という話の柱も十分に生かされていない。今魔法物をやる上で基本的にこなすべきラインも維持していない。「コメットさん☆」「どれみ」等を見てもう少し勉強して来てください、って感じ。
結果的にことりファンだけ一人勝ちであとは全員負け組。ゲームの宣伝としてもあまり効果を期待できない。ことりの描写は結構面白い所が多かったので他が残念。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ぱにぽにだっしゅ! 第26話

第26話「一寸先は闇」

ついに終わっちまった。最終回フラグは前回までに片付けておいて期待通りのゆるゆる日常話。OPなしでEDに黄色いバカンスも予想通り。爆発力は無いけど最大公約数的な最終回でした。水着満載でエロ分も出血大サービスでそれなりに満足度もあった。ちょっとベッキー分が少ないのだけが不満だったけど。ギャグでは猫神様とオオサンショウウオのやりとりが妙に面白かった。猫神様が刻々と色を変えてるだけで妙に面白いのにそこを突っ込むと思ったら「全裸だよ」ってそこかよ!メディアの制服なかなかいい感じ。ベホイミは素状態で描き込んだ作画とか一度見たかったなぁ。

総評
1クール目はネタが微妙すぎた。反面2クール目が爆発的に面白い時があったので最初からこの感じで行けたら全体としての評価はもっと上がってたし見切り層もだいぶ減ったんだろうと思うと残念。スタッフが製作中に進化した?ということではなかなか面白い現象では有ると思いますが。
文字ネタ、パロネタの頻出はずるくもありますが同人を中心に「ハヤテのごとく!」「絶望先生」「太臓」等の商業作品でも扱われるようになったスタイルなので時代の流れと取るべきでしょう。
特筆すべきは、どんな演出にも耐えれる懐の広さを持っていたこと。いい意味で「平成版うる星やつら」ポジションと言うか。そうそういつでも使えるわけでは無いけど舞台の外もひっくるめて楽しませるやり方とかこの番組でスタッフが得た経験値は大きいと思う。
2期目があったら小学生編やりたいとかって話だけどエロ分が好くなりそうだからそれはどうかなぁ・・・。個人的には原作無視で完全オリジナルで2期目作っても大丈夫な気がするんだけど。
声優関係ではなんと言っても斉藤千和の株が上がりまくりのストップ高。関東圏では「ROD」「月詠」で注目されていたであろう千和ですが自分の地域では未訪なので事実上のファーストインパクト(ケロロは見てない)さらに「かみちゅ!」「ARIA」と同時期にレギュラーでいい役が当たったために相乗効果有りまくり。一気に相当好きな声優にランクインしました。既知の声優でも麦人・生天目・植田・野中など新たな魅力を発掘した感もあります。残念賞オブジイヤーとしては山崎バニラ、ふたご姫を降板にならなければ「IGPX」と合わせて3本の相乗効果が相当有ったと思われるのに。これからの活躍に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »