« ぱにぽにだっしゅ! 第21話 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第22話 »

交響詩篇エウレカセブン 第32話

第32話「スタート・イット・アップ」
地底のコーラリアンへの攻撃が本格化した。レントン達は新型ニルヴァーシュのためのボードを急いで受け取る為に祖父アクセルの待つベルフォレストへ向う。

今回の見所はアクセルの格好良さに尽きる。
他の誰にも作れないボードを作る職人としての技術、祖父として親としてレントンに不器用ながらも最大限の事をしてやろうという気骨、少女達を気遣う大人としての眼差し。もうね、青野武の声が格好良過ぎ。成長していくレントンに対する寂しさを語るモノローグ、そしてボードに添えられた手紙。最近のレントンの成長振りと相まって泣けてくる・・・。
そしてレントンの方もじっちゃんとエウレカを信じてボードも無いままタイプZEROの待ち受ける空中に飛び出す、すごい度胸で格好良いよレントン。アクセルは死んだかと思ったけど生きてて良かった。
一方のアネモネ・ドミニク側はどんどん落ちぶれてく感じが。もう少し重要視されているかと思ったアネモネはもう完全に捨て駒扱い。たぶんエウレカのコピーだと思うんだけどその出自や意味が明かされないまま捨てられてしまうとは・・・。

|

« ぱにぽにだっしゅ! 第21話 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第22話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/7408680

この記事へのトラックバック一覧です: 交響詩篇エウレカセブン 第32話:

« ぱにぽにだっしゅ! 第21話 | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第22話 »