« モニタが壊れた | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第20話 »

BLOOD+ 第6話

第6話「おとうさんの手」
父・ジョージを救う為ヤンバルの研究所に潜入する小夜達。そこは暴走したマウス=翼手の巣窟だった。

ハッピーなラストを思わせるようなサブタイでバッドな展開。ジョージの退場のさせ方としてはただ単に翼主にやられて死ぬ、というのよりはずっとマシな展開だったと思う。
でもツッコミどころが多過ぎてイマイチ乗れないんだよなー。翼手が暴走してウヨウヨしてるはずの研究所内で隔壁が閉まってないのは変な話だし翼手の被害者を速攻で研究材料にして新しい翼手にしてしまうのはいくらなんでもやり過ぎというか遺族とかに釈明できないだろ。そもそもマウスが沖縄基地経由で世界の紛争地域に出張っているとの事だったけどわざわざ沖縄なんて面倒くさい情勢の基地で作るより米国の広大な土地でひっそりと作った方が機密性の保持の面で有効だと思うんだが。
この作品でこういうケチを付けるのも見当違いかもしれないが「攻殻機動隊」を作ったIGにしては軍事面の穴が開きすぎる。もう少し穴を無くしてくれないとストーリーの方に集中できないので脚本や演出に頑張ってもらいたい。
今回良かったのはジョージの最期になさけなく泣いてしまうカイが良かった。格好付けたがる性分のはずのカイが体面も糞もなく涙を見せるのは素直で良いと思う。ジョージもさすがの貫禄でいい最期を飾れたと思う。

|

« モニタが壊れた | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第20話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/7125794

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD+ 第6話:

» BLOOD+・第6話 [たこの感想文]
「お父さんの手」 ジョージを救出するため、ヤンバルの研究所へと突入した小夜たち。 [続きを読む]

受信: 2005/11/16 05:25

« モニタが壊れた | トップページ | ぱにぽにだっしゅ! 第20話 »