« GOSICK ―ゴシック Ⅰ・Ⅱ | トップページ | 赤坂未紀 »

極上生徒会 25話

第25話「その声は風にのって」
祖父の急死により神宮司家の当主となり宮神学園を自主退学した奏に会うために集まる極上生徒会メンバー。全員の力を結集し警備員を出し抜き奏に自分達の気持ちを伝えようとするが・・・。

特別すごい演出や脚本では無いけどやはりこういうのはとてもドキドキしてグッと来る。会長は自ら身を引いたのだから会いに行くことは会長の望みではないのかもしれないとネガティブになる生徒会メンバーに対しりのは「ただ好きな人に会いに行くのがいけない事だなんておかしい」と主張する。こういうとき馬鹿キャラの台詞は強い。馬鹿で素直な故に理屈とか世間体とか抜きで気持ちを表現できる。
変な所で黒服達が「たかしくん」「○○くん」って呼び合ってるのは面白かった。バトル的には和泉香が良かった。今まで殆ど良いとこ無しな印象だったけど合気?柔道?で敵をなぎ倒す姿は格好良かった、ちゃんと強いんだ。あと管理人さんも強えー。こやまきみこ声はゾイドだとうざいけど管理人さんだと可愛いなぁ。シンディはもう少し早く普通に喋って欲しかったなぁ、ラスト前ってのは遅すぎ。シンディ・管理人さん・聖奈さんが残って戦うシーンがあったけど絶対聖奈さんは戦ってないよなぁ、二人だけ息乱れてたし。遅れてきた久遠も着たい通りの台詞を吐いて4兄も皆の気持ちを代弁してくれて細かく感動できるシーンがたくさんでした。ラストに1話残した構成も良かったと思う。最終回はのんびりムードで迎えられそうで好みの展開。

|

« GOSICK ―ゴシック Ⅰ・Ⅱ | トップページ | 赤坂未紀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/6090105

この記事へのトラックバック一覧です: 極上生徒会 25話:

» 極上生徒会・第25話 [たこの感想文]
「その声は風に乗って」 神宮司財閥へと赴くことになった極上生徒会の面々。奈々穂の [続きを読む]

受信: 2005/09/25 04:22

« GOSICK ―ゴシック Ⅰ・Ⅱ | トップページ | 赤坂未紀 »