« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

極上生徒会 第26話

最終回「今日も極上日和」
シリアスな展開は先週までで日常を映して終わりかと思いきや先週の後始末からスタート。神宮司家当主の座は飾りで、能力使用を申請・許可する通称V機関とか何とか言う人達が牛耳ってて極上生徒会を潰そうとする―この辺りのくだりは正直要らなかったなぁ。奏の元で新生神宮司家はオープンになっていくってので良かったのに。なーんかまた聖奈さんが一人で美味しいとこ持ってっちゃった感じ。
1期生が卒業しても結局宮神学園の理事とか講師になって今まで通りの顔ぶれってのはまぁお約束の展開ですが一番良い形でも有る。奈菜穂の「理事長が困っている!これがどういう事か分かるか!」ってのはいかにも日常への回帰の合言葉って感じで顔がほころびますね。きっとこれからも何百回となく繰り返される合言葉。何年経ってもこの一言さえ有れば極上メンバーが集まる魔法の言葉なんだと思う。
最後のアクション、やっぱ和泉香かっこいい。最初はあんま好きじゃなかったんですけどね、りのに対抗心メラメラで。僕は最初好きじゃなかったキャラを好きにさせてくれる作品てのはすごいと思うんですよ。最初から好きにすることは結構簡単だけど、最初はちょっと嫌な奴だなと思わせといて納得いく形でその感情を反転させる。そうすると最初から好きな時よりも反動がついてすごく好きになれる場合が有る。香はそんなキャラですね。
全体の構成を今眺めてみると13話目からシリアス展開に入っているんですよね。それまで4話とか7話とかで散りばめといたシリアス寄りでいい話系の展開を13話からガッと流し込んで尻上りに面白くしていく、何だかんだ言って黒田先生大したもんです。
関係ないけど先週初めて気付いた事、りのとか中学生だったのね。全員高校生だと思ってたけど中高一貫の校舎で生徒会だったのは気付かんかった。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

赤坂未紀

zaxtuki05-9-28
「DARK EDGE」の赤坂ちゃん。次巻が最終巻らしいのでカップル成立してる暇無さそ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上生徒会 25話

第25話「その声は風にのって」
祖父の急死により神宮司家の当主となり宮神学園を自主退学した奏に会うために集まる極上生徒会メンバー。全員の力を結集し警備員を出し抜き奏に自分達の気持ちを伝えようとするが・・・。

特別すごい演出や脚本では無いけどやはりこういうのはとてもドキドキしてグッと来る。会長は自ら身を引いたのだから会いに行くことは会長の望みではないのかもしれないとネガティブになる生徒会メンバーに対しりのは「ただ好きな人に会いに行くのがいけない事だなんておかしい」と主張する。こういうとき馬鹿キャラの台詞は強い。馬鹿で素直な故に理屈とか世間体とか抜きで気持ちを表現できる。
変な所で黒服達が「たかしくん」「○○くん」って呼び合ってるのは面白かった。バトル的には和泉香が良かった。今まで殆ど良いとこ無しな印象だったけど合気?柔道?で敵をなぎ倒す姿は格好良かった、ちゃんと強いんだ。あと管理人さんも強えー。こやまきみこ声はゾイドだとうざいけど管理人さんだと可愛いなぁ。シンディはもう少し早く普通に喋って欲しかったなぁ、ラスト前ってのは遅すぎ。シンディ・管理人さん・聖奈さんが残って戦うシーンがあったけど絶対聖奈さんは戦ってないよなぁ、二人だけ息乱れてたし。遅れてきた久遠も着たい通りの台詞を吐いて4兄も皆の気持ちを代弁してくれて細かく感動できるシーンがたくさんでした。ラストに1話残した構成も良かったと思う。最終回はのんびりムードで迎えられそうで好みの展開。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

GOSICK ―ゴシック Ⅰ・Ⅱ

「GOSICK」1巻・2巻 桜庭一樹:著、武田日向:イラスト第1次大戦後のヨーロッパの小国・ソヴュール王国、名門聖マルグリット学園に留学した少年・久城一弥はふとしたことで知り合った謎の美少女・ヴィクトリカとともに様々な事件を解決していく。

何故か学園に幽閉されている幼児体型で博識で尊大な少女・ヴィクトリカに振り回される久城を見て楽しむのが正しい姿勢。ミステリとしてはたぶん中ぐらいのレベル。期待しすぎてはいけないがライトに読むには十分な内容。様々の情報を読み取って色んな事を推理し、言い当てるヴィクトリカも実際の世間は殆ど未体験で、街で久城に「あれは何だ?」と聞きまくる姿がギャップがあって可愛い。唯一の友である久城に対しての扱いが結構酷いヴィクトリカだが他人に対してはもっと酷いか無関心らしく典型的なツンデレの上にSっ気があるのではないか?体を張ってヴィクトリカを守る久城に物語の最後にだけ見せる素直さがまた非常に可愛らしい。

zaxtuki05-9-22
ちょー時間掛かった。もー水彩はやりたくないっていうぐらいとんでもなく時間使ってしまった。でも鉛筆ツールで描いた自分の絵は汚く見えるのでついつい水彩使ってしまう。他人が描いてると綺麗に見えるのになぁ。フォトショで微妙に修正。

GOSICK ―ゴシック 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたしたちの田村くん 2巻

「わたしたちの田村くん」2巻
竹宮ゆゆこ:著、ヤス:イラスト
電撃文庫
中三の夏に告白したものの遠方に引っ越してしまった電波系・松澤小巻からツンドラ美少女・相馬広香との関係を問う葉書が数ヶ月ぶり来てあせる田村。相馬は田村との仲が上手く行ったと思いどんどん距離を詰めてくるが自然消滅してしまったと思っていた松澤のリアクションを受け昔の思いが蘇ってきて・・・。

どうやら田村くんのへたれっぷりに反感が各所であったようですが個人的にはこれぐらいうろたえるのは当然だと思うのでアリ。ただ、うろたえ方がまずかったってのは確か。冗談にしか見えない奇行で相馬を泣かせちゃイカンですよ。今回相馬が本格的にデレ部分に突入してすごく可愛い。「・・・・・・えへっ」とか「田村は、あたしを・・・・・・好き?」とかガンガン攻めてきます。これで落ちない田村の精神はどうなっているのか。
しかし、先行逃げ切りの小動物系と後追いのツンドラ女王ではツンドラがやはり不利。ぶっちゃけて言えば振った後、より後味の悪い方はどちらかということです。当然のように松澤に軍配があがった訳ですが問題は相馬に対してのアフターフォローが無いままとりあえずこのシリーズ終わりという事です。田村は真正面から相馬に対し、松澤との結果を伝えて完全に相馬を振らなくてはいけなかった。そうしないと相馬はいつまでも期待を持ったまま田村を追ってしまう。これだけはどうしても譲れないポイントでした。あとはかなり楽しみました。番外編の高浦兄妹書いてる間に何とかして欲しかったなぁ、この際パラレルワールドでも妄想でも何でもいいから相馬を幸せにしてくれー。

zaxtuki05-9-19
ふたばでお絵描きしていたらいつの間にかむちゃくちゃ時間経っててぱにぽにとかDC見逃してしまった。

わたしたちの田村くん 1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

装甲騎兵ボトムズ風『ネギま!』次回予告集

黒い天使のブログ>さんにて掲載。僕はボトムズは全然知らなくて、人生の内正味10分ぐらいしか見たこと無いんですがこの文章はツボに来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絹川蛍子

zaxtuki05-9-15
またふたばでお絵描き。「ROOM NO.1301」のホタル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U-571

木曜洋画劇場「U-571」
大戦中ドイツ軍の暗号通信機を奪うためUボートを拿捕した米軍の潜水艦だが運悪く別のUボートに自艦を沈められ生き残った者は敵の物であるUボートでドイツ軍と戦うことに。

最初の方をちょこっと見てあとは自艦が沈められるとこ辺りからもう一回見出したら結構面白かった。Uボートに乗り込むも操作が分からない。「ドイツ語で読めません!」とか紛叫する乗組員。
「魚雷は何本ある!」
「バッテリーがもう持ちません!」
「魚雷発射管に圧縮空気を送る装置が分かりません!」
この緊迫感がたまらない、戦争物特に潜水艦物は状況報告と命令と泣き言が飛び交うドタバタ感が肝である事を分かってるねぇ。実力を認められなかった副長が指揮を取る事になり老兵に「艦長は絶対です!艦長に知らない事があってはならないのです!」ってレクチャーされたりする所もたまらん。一発奮起して作戦を立てる副長、ゴミを排出し沈んだと見せかけその隙に浮上、後部発射管から最後の魚雷をぶちかます作戦を立てるも次々と予想外かつ困難な展開に。
「魚雷管は直せるか?」
「分かりません」
「私が聞きたいのはそんな答えではない。出来るのか、出来ないのか、イエスかノーだけだ」
「イエッサー!」
とか根性あふれる問答は戦争物好きにはくる。爆雷でゆれる船体や水の描写もリアルっぽくて良かった。木曜洋画劇場は安い映画ってイメージだったがかなり楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

座敷童にできるコト 1巻・2巻

「座敷童にできるコト」七飯宏隆:著、池田陽介:イラスト
高校の寮に入居した平凡な少年・守屋克喜の部屋の押入れから突然出てきたのはセーラー服姿の自称座敷童・未麟だった。彼女との出会いをきっかけに学園の三大変人の争いに巻き込まれる克喜。その一方で座敷童とワラシモドキとの戦いにも手を貸す事に。

ツンデレ貧乳ポニテの未麟と奇妙な共同生活をしつつ三大変人(うち二人は美少女)に囲まれラブコメ+学園ドタバタ+伝奇アクションな内容だが今の所アクション要素は薄め。文章に取り立てて特徴があったり上手い訳ではないが普通に楽しめるレベル。「神話矯正網」「神格調整」「第八天」とか設定は面白そうだが進行が早すぎるのが気になる。ジャンプ漫画が打ち切られないように謎を前倒し前倒しして魅せようとうする様に似ているんだよなぁ。アクションは上手い下手とか言う前に描写量がかなり少ないと思う。ラノベ作家は意外とアクションシーンの上手い人が少ない印象があるので全体的に頑張って欲しい。ラブコメ要素はツンデレ系の未麟・深由美や電波系のよう子・柚祢と色々フラグが立ちそうな気配があって楽しみ。

zaxtuki05-9-14

ふたばでお絵描き

座敷童にできるコト 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月のベロニカ

「12月のベロニカ」
貴子潤一郎:著 ともぞ:イラスト
富士見ファンタジア文庫
これは大変美しい話である。この物語は「ベロニカ」という巫女職に就く女性と彼女を守るためにたった一人だけ選ばれる「ベロニカの騎士」になるために全てを懸ける男の物語である。はっきり言ってしまえばこの話は悲しいお話であるのだがその結末はとても美しく、悲しさを微塵にも感じさせない。職に就いたが最後、臨終の時まで眠り続ける「ベロニカ」、何十年も眠り続けるベロニカを守るため仮初の不老不死を与えられる「ベロニカの騎士」。そのありようだけ聞いても儚く美しいが作者は話を彩るために一つの細工を施す。その細工がより一層この物語を美しく昇華していく。ベロニカというのは花の名でもある。今はもう世界中を探しても生えてない美しい花だという。この花がまた小道具として非常に綺麗に使われている。「泣ける話」という感じではない、が兎に角これほど美しい構成の話は僕は見た事が無い。「傑作」として推す様なタイプではないが読んで損は無い大変な良作である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぱにぽにだっしゅ!第11話

「ぱにぽにだっしゅ!」第11話「人間万事塞翁が馬」
いきなりOP元に戻ってるし。「黄色いバカンス9月Ver」ですか?(笑)確認しなかったが玲Verらしい。でも元のVerよりパンチが弱いかなぁ。今回は6号こと鈴木さやかメインの話で恋話だったのでいつもより楽しめました。いつもこれぐらいにギャグは抑え目で女の子の可愛さを前面に押し出してくれると個人的には好みなんだがなぁ。今回はベッキーの髪型とか大人っぽくていい感じ。子供なのに大人っぽいとはこれいかにって感じですけど説教したり生徒を心配したりする姿もラヴリーです。最近だんだん斉藤千和が好きになってきたー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ぱにぽにだっしゅ!第10話

zaxtuki05-9-8 おしっこネタに反応してみるw

ぱにぽにだっしゅ!第10話「名馬に癖あり」10話目にしてOPが変更、早っ。ビビットな色使いにアウトラインを省略した絵。前のOP同様なかなかいい感じ。特にベッキーは可愛いなぁ。アニメのベッキーは原作に比べるとびっくりするぐらい絵が可愛くなってるので彼女のためだけに見てます。あとは玲のお色気シーンとかねぇかなぁと思いつつ。ギャグセンスは完全に自分と趣味が違うので本編自体は淡々と視聴してますが。サブタイトルを故事から持ってくるのは面白いと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

よつばと!4巻

よつばと! 4 (4)

「よつばと!4巻」あずまきよひこ:作・画
3巻に比べると個人的にインパクトの有る話がなかったのでややテンションは下がるが相変わらず上手い。今回の白眉は「よつばとつくつくぼうし」
冒頭のよつばが向日葵の杖を振って夏を終わらすシーンが上手い。花咲か爺さんのように杖を振るたびに桜の花が咲き乱れる似た様な演出をしたり考えた事の有る人や作品は多いと思うがこれほどしっかりとイメージを結実させた物が描ける人は他にいないんではないだろうか。「よつばと」という作品は極めてリアルな日常生活の上に「よつば」や「父ちゃん」といった大小の非リアル要素を散りばめる事によって面白くなっている。その基本である「日常」がいかにリアルに描けるかによって作品の出来が大きく左右される。リアルな日常を描画するためのスキル有って初めて成立する作品、そのスキルをあずまきよひこ(とそのアシスタント)は十二分に持っている。またつくつくぼうしの回は父ちゃんの受け答えが非常に光った話でもあった。「よつばとばんごはん」の回のつくつくぼうしが夏を終わらせるという会話を受けてよつばはつくつくぼうしを妖精の一種だと考える。三角のシルエット服を用意しあさぎに帽子と向日葵ももらって意気揚々、そこであさぎがつくつくぼうしが蝉である事を教える。急いで帰ってその事を父ちゃんに伝えるよつば。普通の大人なら十中八九「そんな事も知らなかったのか」と言って笑いそうだが父ちゃんはよつばの大発見にちゃんと付き合ってあげる。父ちゃんは現代の大人が無くしてしまった大切な物をしっかりと持ってる。リアルな日常風景と共にこの人も「よつばと!」になくてはならない要素である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »