« 最近の買い物6/22 | トップページ | 極上生徒会12話 »

フタコイ オルタナティブ12話

「光ある場所へ」
OPは沙羅のモノローグ。幸せでした、思い出すのは特別でない普通の風景、と語る沙羅。もしも恋太郎に出会ってなかったら私達はどうなっていたのか、それに答えるように遠い空で恋太郎が叫ぶ「もしなんてねぇ!俺たちは出会ったんだから!」公彦と沙羅が結婚すると完璧なイカファイヤーを作るためにベストな遺伝子の子供が生まれるらしい?沙羅を縛る遺言はワダツミ機関の用意した偽のシナリオだった。結婚式を前に自分の素直な気持ちを語る公彦、幸せにする、と。飛行機ごと会場に突っ込んで登場する恋太郎と双樹。イカルス計画の事を二人に話し式を止めさせようとするが二人はさらわれ恋太郎たちの周りには量産型イカファイヤーの群れが!イカファイヤーに効くバットで戦う恋太郎、バットが使い物にならなくなると新しいバットを双樹が投げ空中で受け取る恋太郎、そのままイカ二匹を空中で両断!いやぁ、このシーンマジ格好良過ぎ。アクションの切れは今放送中のどのアニメより良い!一方桜月組の組長の下にワダツミの手の者が、新商店街の地下にはイカファイヤー量産工場が作られると言う。あまりにも強大な組織相手に逆らえない組長。商店街で住民が工事に反対して座り込み、それを説得してどかそうとする木下、途中で拡声器を放り投げ「言えるわけねぇ・・・」先週に続き良い味出してます。ただ仕事としてニコタマに居るだけじゃない、木下も針山もれっきとしたニコタマ住人なんだ。もうそろそろ潮時だと諦める杉作のおばちゃん、それを見て立ち上がる玄さん「ビリー(ザリガニ)の世話を頼む」カコイイ!工事を請け負った如月組の組員も本当は強制執行をやりたくない。そんな意思に反しブルドーザーが変形し商店街住民を襲う。銃も聞かないブルドーザー、あわやという時ブルを貫く何か。それは組長の義手だった!「愛之助よぉ、あの時おまえがあん時テメエが腕一本で勘弁してくれたのはこの日、この時、商店街を守らせる為だったのかもしれねえなぁ・・・」今週は格好良いシーン満載。どんなふざけた設定も格好良いシーンに変換してしまうスタッフに感動。消耗してきた恋太郎の下に霜島とゴスロリ仮面が駆けつける。「みんな全力で馬鹿がやるのに憧れてたんだよ」霜島は彼の夢・野球選手の格好で助けに来た、今の彼にとってそれが戦いのコスチュームなのだ。双子の直感を頼りに沙羅を探す恋太郎と双樹「苦しい時には楽しい事を考えよう」楽しい事と言われて普通の生活を思い描く双樹、今となってはもっとも掛け替えの無い日常を強く願う。沙羅を見つけるも爆発から双樹を庇って倒れる恋太郎。双樹に戻るように言いそっとキスをする。おそらく初めてのキス、そして初めてのはっきりとした恋太郎からの愛情表現。爆発続く城を沙羅の元へ恋太郎が駆け抜ける。

イカファイヤーの大群、組長のズゴック風の義手などシリアスなストーリーとは真逆を行くふざけた絵柄だがそれすらも反転して格好良く見せてしまうスタッフの手腕に惚れ惚れ。恋太郎は格好良いし、木下も玄さんも若頭も組長も格好良いし双樹も頑張ってた。今回は皆すごく輝いてた。全てを吹っ切って戦う恋太郎に感化されたかのように全員が頑張っていた。「好きだから」商店街が、ニコタマが、二代目が、沙羅が。好きな物の形は少しづつ違っても向いてる方向は一緒、そんな感じでした。公彦も立場は違えど沙羅達の幸せを願っていた、個人的にはそれが嬉しい。これで三人は何に遠慮する訳でもなく三人で居られる。すっきりしない世の中、この作品だけは極上の爽快感をもって最終回を迎えて欲しいと思います。

PS.他の人の感想見ると「ルパンのカリ城パロっぽい」らしいのですが手元に資料が無いので何とも。いや、カリ城は好きなのだけどね気付かなかったなぁ、。しかし感想書くならキャプ環境欲しくなってきた。

|

« 最近の買い物6/22 | トップページ | 極上生徒会12話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/4669606

この記事へのトラックバック一覧です: フタコイ オルタナティブ12話:

» フタコイ オルタナティブ・第12話 [たこの感想文]
「光ある場所へ」 公彦と沙羅の結婚が行われるドイツへと向かう恋太郎と双樹。そのド [続きを読む]

受信: 2005/06/24 09:13

» フタコイ オルタナティブ 第12話 [パズライズ日記]
「戻ることの無い日々。双樹がいて、恋太郎がいる、3人の日々。もう戻れないとわかっても、それでもと願う。恋太郎と出会ってから、双樹と私は幸せだったから・・・。」 「私達が私達であって、私達でない。そんな私達を救ってくれた人、思いだすのは、3人でいた日々の... [続きを読む]

受信: 2005/06/24 23:13

» フタコイ オルタナティブ #12 「光ある場所へ」 [俺のタイムラグ]
ホントこのアニメは最高だよ 間違いなく(俺の中では)今期最高のアニメだ 毎週毎週これほどすバラすぃクオリティのアニメは他にそうはないだろう だが、このハイクオリティなアニメも残すところあと1回か。寂しいなぁ・・・ しかし誰が予想したであろうこの超展開 ... [続きを読む]

受信: 2005/06/25 15:17

» フタコイ オルタナティブ #12 「光ある場所へ」 [師匠の不定期日記]
ドイツへ!沙羅を奪還する為、双樹と共にニコタマから飛び立った恋太郎。ワダツミがイカファイアーという生体兵器を開発している時点で、今回の舞台では激戦の予感を感じますネ。三ツ木自身が統制している会社のひとつがワダツミですから。沙羅をどうやって奪還するのか期待..... [続きを読む]

受信: 2005/06/25 20:54

» フタコイ オルタナティブ #12 「光ある場所へ」 [みつきちゃん親衛隊最高司令官総司令部♪]
最近恒例のOP無しwOP 沙羅きれいだよ沙羅 望んでいない結婚、沙羅の悲しげな目が胸を痛めますね・・・ なんといっても今回は、イカの出現率高し!!w 勘弁してください ニコ魂の町ではイカルス計画のために イカファイアー量産工場を作るために 住民と桜月グ..... [続きを読む]

受信: 2005/06/25 21:48

» フタコイオルタナティブ第12話「光ある場所へ」 [Heart of the Daze]
ワダツミ機関、イカルス計画、イカファイヤー。 クレイジーな展開のクセに非常に面白い。 はじめらへんのニコパクの裏の計画がイカルス計画。どうでもよかったところに伏線が潜む。 このニコタマが好きだから守るってのが恋太郎沙羅双樹の問題に絡みついてるとは。 ... [続きを読む]

受信: 2005/06/25 22:29

» フタコイ オルタナティブ 第12話『光ある場所へ』 [桃月マンガ研究部blog]
ドイツ、ワダツミキャッスル。迫る。沙羅と公彦の結婚式。 沙羅『戻ることの無い日々。双樹がいて、恋太郎がいる、3人の日々。もう戻れないとわかっても、それでもと願う。    恋太郎と出会ってから、双樹と私は幸せだったから…。    私達が私達であって、私達で... [続きを読む]

受信: 2005/06/25 23:27

» フタコイ オルタナティブ 第12話 「光ある場所へ」 [吠刀光]
「双樹がいて、恋太郎がいる3人の日々、幸せでした。」  一度は諦めようとした日常。 それでもやっぱり諦めることは出来なかった。  囚われ(?)の沙羅を奪還するべく 恋太郎と双樹は「ワダツミキャッスル」に殴りこみをかけます。  ありがちな展開なのです... [続きを読む]

受信: 2005/07/03 04:27

« 最近の買い物6/22 | トップページ | 極上生徒会12話 »